銀行系カードローンの使い方

銀行系カードローンの具体的な流れや利用方法は会社によってまちまちですが、一般的にはすぐ現金が欲しい時にはカードを利用して、コンビニATMでお金を受け取る事が出来ます。

 

また、最近では自分の指定口座に振り込んでもらいたい時には電話だけでなく、携帯電話やインターネットなどWebサイトからも手続きが可能です。三井住友銀行のグループでは公共料金やクレジットカードの引き落としの際に口座にお金が足り無かった場合に、窓口での登録を済ませておけば自動的に融資してくれるというサービスもあります。

 

さらに返済の時はATMでの返済が可能で、カードローン専用の口座に振り込むという事も出来ます。また、その会社に出資している銀行グループの口座を持っていれば、その口座から返済額を自動的に引き落とすことも出来ます。

 

銀行系カードローンでは、銀行でお金を下ろすという感覚で手軽に手続きや借り入れが出来ます。さらに、最近は直接窓口で手続きをしないというように方法も多様化しているため、カードも気軽に作ることができます。

 

そういった手軽さや銀行のグループなのだからという安心感のためか、つい自分のお金と錯覚してしまったり、いつでも借りられるという感覚をもってしまわないように注意することが大切です。